セレナ買取メイン画像

車を売ると自動車税ってどうなるの?

「自動車税」というのは、4月1日の時点での車の所有者に課せられるということはご存知でしょうか?

つまり、4月1日に車を所有していれば、その車への税金の通知があなたの元へ届くということになります。

では車を売却した場合、その自動車税はどうなるのでしょうか?

自動車税の還付

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、車を売却した際、自動車税は基本的に月割りで還付されることになっています。

ただし、買取業者の中には自動車税の還付をしていないところもあり、トラブルになることも多いので、車を売却するときの契約書類には、必ず目を通すようにしてください。

直接買取業者に聞いてみてもいいですね。

注意点

さて、ここで注意していただきたいことがあります。

先ほども書きましたように、自動車税は4月1日での車の所有者に課せられます。
そこでトラブルになるケースが多くあるのです。

それは、車を3月下旬に売却した場合です。
名義変更が4月1日に間に合わず、あなたに税金の通知が来ることになってしまうことがあるのです。

こういったケースは、優良な買取業者なら事前に説明があるものですが、トラブルを防ぐためにも、必ず確認するようにしましょう。

税金の額はかなり大きいものです。
還付されるかどうかで、車の買い替え計画は大きく変わります。
3月に車を売却する場合は、この点を買取業者にしっかり確認することが大切です。


※ただし、車検時に納めている重量税に関しては、還付対象とはなりませんので注意してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ