セレナ買取メイン画像

ローンがまだ残っている車は売れる?

「車を乗り換えたいけど、まだローンが残っているからできない」と悩んでいる方、たくさんいらっしゃると思います。
やはりローンが残っている状態では、車の売却はできないのでしょうか?

車を売れる状態とは

まず、車を売却するにはどのような状態であればいいのか考えてみましょう。

車を売却するには、車検証に記載の「所有者」が了承する必要があります。
車検証に記載してある「所有者」の印鑑証明なども必要です。

つまり、ローンを組んでいる場合は、ローン会社が車の「所有者」となりますので、売りたいと思っても売却できないのです。

「やっぱり売却できないんだ」とあきらめてしまいそうな方に、いいお知らせです。
最近では、買取業者がお客様の代わりにローンを清算するという嬉しいプランもあるのです。

買取業者がローンの返済をしてくれるって?

どういうことかと説明いたしますと、

返済例としまして、

・お客様の車の買取価格 150万円
・ローンの残債 200万円
200-150=50万円
50万円分のローンを再度買取業者で組む。

と、このような仕組みとなっているのです。

これは、ローンが残っているけど車を買い替えたい、または、買い替えないとならないと理由のある方には、とても便利なプランであることは確かです。

注意点

ただ、ここで気を付けていただきたいのが、ローンが残った状態で、新しい車に乗り換えるとすると…

「ローンの残債分+新しい車のローン分」多重のローンを組むことになるということです。

多重のローンを抱えることになる車の買い替えは、慎重に計画的に行いましょう!
ローンが残っているセレナの売却はこちらから
>>セレナの高額売却術

サブコンテンツ

このページの先頭へ