セレナ買取メイン画像

セレナの寿命について

セレナの買い替えのタイミングの1つとして、 タイヤの内べりがあります。
セレナは5ナンバーサイズにしては車体が規格ギリギリのサイズですので、 小回りに対応させるべく、曲がる際にタイヤ軸を傾けるようにしてあります。

タイヤの軸を傾けると、車体の重量が傾けた1点に集中しますので、内べり、外べりがおきやすくなるのです。 内べり、外べりがおきやすくなると、タイヤ交換しなくてはいけません。

そして根本的な原因を解決するためにも、修理費用がかさみます。
この症状がでるのが10年落ち、10万キロ前後で、 修理費用も10万以上かかるような内容となっております。
>>10年落ち、10万キロ以上のセレナの買取

セレナに関してはこれを買い替えのタイミング、つまり寿命と判断して買い換える人が多いです。
車体自体の寿命に関しては、比較的丈夫な造りになっており、 修復して20万キロ超えても乗り続ける。 という方もちらほらいます。

しかし、そうなると修復費もかさむ上、 乗り換え時に査定額がつかなくなることから、乗り続けることがお得であるかどうかは、 また別な話になってきます。

寿命と判断し買い換えるか、それとも乗り続けるかの判断として、 査定してみることをおすすめします。 査定してみて現状の自分の車の価値を知り、 そこから買い換えた方がいいのか、乗り続けたほうがいいのか考えてみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ